Simplicity2のSEOカスタマイズを徹底攻略【オススメ設定と項目の解説】

よかったらこの記事をシェアください

Simplicity2+SEOのイメージイラスト

Simplicity2のSEOカスタマイズを解説します。
プラグインとの両立やオススメの設定についても紹介していきます。

Simplicity2のSEO設定は、チェックするべき項目とチェックしてはいけない項目があります。
それらをわかりやすく解説し、どうするべきかをひとつずつ紹介します。

おそらく多くの人が誤解してしまっている「検索エンジンに伝える日付」についても、SEOの知識を交えながら解説します。

Simplicity2のオススメSEO設定と解説

まずはSimplicity2のSEO設定を解説していきます。
それぞれの項目ごとに解説をしながらオススメの設定を紹介します。

Simplicity2のSEO設定画面です。

Simplicity2のSEO設定

この記事用に見やすく左右を広げていますが項目は同じです。

WordPressの外観カスタマイズSEOに移動して設定します。

それではひとつずつ設定を見ていきましょう。

フロントページタイトル後にキャッチフレーズを付加

チェックを推奨します。

フロントページタイトル後にキャッチフレーズを付加

チェックすることでトップページのタイトルタグが変更されます。
「サイトのタイトル | キャッチフレーズ」となります。
キャッチフレーズにはターゲットやサイトの内容を記載します。
例:NomarkLog | デザインとWEBに関する情報サイト
例:NomarkLog | デザイナーを目指すひとたちの情報サイト

サイトの個性や方向性が決まってなければ、最初はチェックを外しましょう。

投稿・固定ページタイトル後にサイト名を付加

チェックはどちらでも構いません。

投稿・固定ページタイトル後にサイト名を付加

サイト名はGoogleが自動で検索結果に付けます。SEOの効果も関係ありません。
サイト名を後で変える場合はチェックを外しておくのが無難です。
全記事のタイトルタグが一瞬で変わるのは、SEOの担当者だと不安になるかと思います。

Googleが自動で付けるタイトル

当サイトではチェックを外していますが、Googleが自動で検索結果にタイトルを加えています。

トップページのメタディスクリプション

必ず入力しましょう。

トップページのメタディスクリプション

検索結果に表示される文章です。クリック率に影響する非常に重要な要素です。
文字数は120字以内を目標に、クリックしたくなるような文章を入力します。

メタディスクリプションの表示例

当サイトの表示例です。

トップページのメタキーワード

入力不要です。

トップページのメタキーワード

SEOの効果もありませんので入力は不要です。
(Bing検索では読むかもしれませんが、わざわざ入力する必要はありません)

分割ページにrel=”next”/”prev”タグの追加

チェックを推奨します。

分割ページにrel=”next”/”prev”タグの追加

分割されたページであることを検索サイトに伝えるタグです。
SEOプラグインを入れると重複しますが、タグが入らない方が問題になるのでとりあえずチェックします。

rel=”next”/”prev”タグについて詳しく知りたい方は以下をご参考ください。

カテゴリページの2ページ目以降をnoindexとする

チェックは非推奨です。

カテゴリページの2ページ目以降をnoindexとする

前項の「rel=”next”/”prev”」タグと併用するのは間違いになります。
チェックする意味もないので外しておきます。

2ページ目以降のnoindexについて気になる方は以下をご参考ください。

検索エンジンに伝える日付

公開日にチェックします。

検索エンジンに伝える日付

日時をHTMLに埋め込むtimeという要素があります。
この項目はtime要素を公開日か更新日かのどちらかに適用します。
実はこの設定ですが、SEOの効果はありません。
「検索エンジンに伝える日時を……」とありますが、実際は伝わらないのです。
Googleは順位アップ目的で使われるのが嫌なのかもしれません。

多くのサイトが「公開日を検索エンジンに伝えよう」という記事を書かれていますが、実際は効果がないということです。

最も信頼できる「海外SEO情報ブログ」さんの記事にそのことが書かれています。

Google検索結果のスニペットに表示される日付けはアルゴリズムによって完全に自動化、構造化データをマークアップしても指定できない | 海外SEO情報ブログ
コンテンツが投稿されたときの日付けが検索結果のスニペットに表示されることがある。この日付けがいつになるかはアルゴリズムによって完全に自動化されている。たとえ、発行日や更新日を構造化データで指定したとしても制御することはできない。

Simplicity2の設定では「公開日にチェック」で間違いはないでしょう。
記事のHTMLを変更しただけで更新日が変わりますから、それをアピールしても意味がないかと思います。

投稿(カテゴリ)ページにメタディスクリプションを挿入

通常はチェックします。SEOプラグインで入力する場合はチェックを外します。

投稿(カテゴリ)ページにメタディスクリプションを挿入

投稿ページやカテゴリページに記入するメタディスクリプションを挿入するかどうかを設定します。
SEOプラグインにもディスクリプションを記入する枠があります。SEOプラグインで管理したい方は、チェックを外します。

ディスクリプションについて、詳しく知りたい方は以下の記事をご参考ください。Googleにまかせるというのもありです。

チェックをしていて記事内のメタディスクリプションを空白にすると、抜粋入力欄の文章がディスクリプションになります。
抜粋に入力していない場合は、記事本文の冒頭が抽出されます。
本文冒頭の抽出はクリックされにくいので、ディスクリプションを書かないのであればチェックを外してGoogleにまかせた方が良いです。

Simplicity2のディスクリプション入力欄

投稿画面にあるディスクリプション入力欄です。

メタディスクリプションには出力せず、トップページや関連記事にある本文抜粋を出したいときは、チェックを外して投稿画面のディスクリプションを入力します。

Simplicity2のディスクリプション出力

投稿(カテゴリ)ページにメタキーワードを挿入

チェックはどちらでも構いません。

投稿(カテゴリ)ページにメタキーワードを挿入

前述の通りメタキーワードは入れる必要がありません。
チェックしても入力しなければタグが出ないので、チェックはどちらでも構いません。

以上で設定は完了です。

SEOプラグインにまかせる場合

前述の通り、Simplicity2はテーマでSEOの設定ができます。
もちろんテーマを変更すれば、Simplicity2のSEO設定はクリアされます。
※再度Simplicity2のテーマを適用すれば、すべての設定がもとに戻ります。

少しでもテーマを変更する予定があれば、SEO設定はSEOプラグインに集中させた方が管理しやすいでしょう。

私はSimplicity2+SEOプラグインの管理方法を推奨します。

SEOプラグインについては、以下の記事にまとめてあります。

投稿画面のSEO設定について

posttoSEOのイメージイラスト

Simplicity2は投稿画面(固定ページ)にもSEO設定があります。
これは前項の共通設定とは違い、記事個別の設定となります。

SEOタイトル

入力しません。

SEOタイトルの設定

HTMLのtitle要素を入力できます。
title要素はコンテンツ内のタイトルではなく、検索サイトに表示されるタイトルです。

コンテンツ内のタイトルと検索用のタイトルを分ける必要はありません。
特に意味もないので入力不要です。

メタディスクリプション

入力しましょう。

メタディスクリプションの設定

サイト内の抜粋に出力され、検索結果にも表示させる文章です。
抜粋と検索結果の関係、共通のSEO設定との連動については、前項のメタディスクリプションをご参考ください。

メタキーワード

入力しません。

メタキーワードの設定

前述の通りメタキーワードは入れる必要がありません。

インデックスしない

チェックは非推奨です。

インデックスしない設定

チェックすると検索結果に投稿が表示されません。

通常は使いませんが、Q&Aなどのコンテンツで質問しかない場合などはチェックします。
質問しかないコンテンツは検索ユーザーにとって大きなマイナスです。
検索ユーザーに価値を提供できないコンテンツはチェックすると良いでしょう。

リンクをフォローしない

チェックしません。

リンクをフォローしない設定

チェックすると投稿内のリンクを検索エンジンがたどらなくなります。

この項目はログイン画面などで、検索エンジンがこれ以上入れないコンテンツで使われます。
よって通常のサイトで間違ってチェックすると危険です。

Simplicity2のheader-seo.phpを最適化する方法

PHPファイルのイメージイラスト

PHPのプログラムを触れる方は、子テーマでheader-seo.phpを最適化できます。
SEOのプラグインにまかせる場合は、header-seo.phpの記述を削除して構いません。
Simplicity2のnoindex設定のみを無効にする方法と、canonical設定についても解説します。

PHPファイルを触りたくない方は、前項の設定だけで大丈夫です。

子テーマにコピーする

まずはheader-seo.phpを子テーマにコピーします。

子テーマについて知りたい方はSimplicity2公式の記事をご参考ください。

Simplicity2の子テーマ
テーマをカスタマイズするなら親テーマの直接編集はお勧めできません。というのも、ダウンロードページで配布しているテーマファイルを直接編集すると、アップデート時に編集下部分がが上書きされ、せっかくのカスタマイズが全て消えてしまいます。それを防ぐ

必ず子テーマで編集しましょう。

header-seo.php内を削除する

SEOプラグインで設定する場合はheader-seo.php内を削除して、Simplicity2独自のSEO設定を無効化すると早いです。
header-seo.phpの記述を空にしてサーバーにアップします。
Simplicity2のSEO項目が無効になるのは以下です。

  • noindex設定
  • メタディスクリプション設定
  • メタキーワード設定
  • canonicalタグの設定

Simplicity2のcanonical設定はオフになっている

Simplicity2はseo.phpの中にcanonical(カノニカル)の記述があります。
しかし実際は使われていません。
header-seo.phpの中にあるcanonicalの記述が、デフォルトでfalseになっています。

falseをtrueにすれば一応は使えますが、ちょっと危ないですね。
それにWordPressのデフォルトで設定されるcanonicalと重複しますので非推奨です。

canonicalについて詳しく知りたい方は以下の記事をご参考ください。

Simplicity2のnoindex設定を無効にする

Simplicity2の管理画面のnoindexを無効にする方法を紹介します。
All in One SEO PackなどのSEOプラグインでnoindexを設定したい方向きです。
前項でheader-seo.php内を削除している場合はそのままで大丈夫です。

header-seo.phpの以下のコードを削除かコメントアウトします。

<?php
if( is_noindex_page() ): ?>
<meta name="robots" content="noindex,follow">
<?php endif; ?>

記事・固定ページのnoindexも無効にしたい場合は、以下のコードを削除かコメントアウトします。

<?php //投稿・固定ページのとき
if ( is_singular() ):
  //投稿・固定ページのnoindex、nofollowタグの出力
  echo get_meta_robots_tag();
//ver2.0用
//投稿・固定ページ以外のとき、Simplicity独自のnoindex条件に当てはまるかどうか
//トップページ、カテゴリの2ページ目以降、アーカイブ、タグ、検索結果ページなど
// elseif ( is_noindex_page() ):
//   //is_noindex_page()は、子テーマのfunctions.phpで再定義が可能
//   echo '<meta name="robots" content="noindex,follow">‘;
endif ?>

上記の内容でSimplicity2のnoindex設定のみを無効にできます。

まとめ

Simplicity2のSEO設定は少し難しいかもしれません。
それはテーマを扱うユーザーが選ぶべき設定が多く含まれているからと思います。
Simplicity2は高度な機能を持っている分、設定もいろいろ選ぶことができます。

公開日・更新日の設定などは、あまり知られていないはずです。

しっかりとしたSEOの知識と経験がある立場で解説をしてみました。
この記事を参考にしていただけると幸いです。

Simplicity2のテーマについて詳しく知りたい方は以下の記事が参考になります。

よかったらこの記事をシェアください

(この記事を紹介してくださる方に感謝します)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
     
スポンサーリンク
レクタングル(大)