グーグル検索の「逆サジェスト」を知っていますか?

よかったらこの記事をシェアください

逆サジェストの例


逆方向のサジェスト機能をご存じですか?

Googleサジェストは、関連するキーワードを候補として、検索窓に出す機能です。

検索ワードに対して、どんなニーズがあるかを調べることができます。
逆サジェストは、逆方向に候補を出します。

この記事では、ほとんど知られていない「逆方向のサジェスト」と、通常のサジェストについても解説します。

逆サジェストの方法

通常のサジェストは親キーワードに対し、子となるキーワードが候補に出ます。
親キーワードの後にスペースを入れるだけです。

通常のサジェスト

通常のサジェスト

子となるキーワードから、親キーワードを候補に出すコマンドがあります。
とりあえず「逆サジェスト」と名前を付けました。

「_」を前に付ける

検索したいキーワードが「ワイン」だったとします。

「ワイン」と入力した後に「_(アンダーバー)」を付けるだけです。

逆サジェストの方法

ダイソー、アルパカ、という親キーワードが出てきます。

必ず「ワイン」を先に入力してから「_(アンダーバー)」を付けてください。
こうして、新しい検索ニーズを知ることができます。

サジェストをブロガーが活用する方法

あなたが「ワインに詳しいブロガー」だったとします。

多くの熱心なブロガーは、サジェストを使って検索ニーズを調べます。
Google検索から多くの人を呼ぶためです。

私はKOUHO.jpさんのサジェストツールを使っています。

キーワードツール・サジェストでキーワード候補を取得

「ワイン」を入力すると、ワインの後に検索されているワードが、一覧表示されます。
ユーザーがどういったものを検索で調べているか、すなわち「検索ニーズ」を知ることができます。

順方向のサジェストでは、ワインの「飲み方」「度数」「カロリー」などが調べらています。

あなたは「美味しい飲み方」や「飲み方のマナー」に関する記事を書くことができます。
できるだけ他のサイトにはない「専門家ならでは」の記事が、ユーザーに好まれます。

逆サジェストで新たに発見する

逆サジェストを使えば「通常のサジェストでは出てこないニーズ」を知ることができます。

ワインの例では「ダイソー」というキーワードが出てきました。
どうやら100円ショップのダイソーに、ワインが売られているようです。

ワインに詳しかったとしても、ダイソーのワインにたどり着くのは難しいでしょう。
あなたは「ダイソーのワイン」を購入して、レビューを書くことができます。

あまり知られていない

この逆サジェストは、あまり知られていません。

多くのブロガーやマーケッターは、通常のサジェストから記事を書きます。
逆サジェストを使えば、まだ知られていない検索ニーズにたどり着けます。
そのため、オリジナリティの高い記事を書くことができます。

オリジナリティの高い記事は、ユーザーにもGoogleにも好かれます。
Googleは「どこにでもある記事」を、検索結果にいくつも出したくないからです。
もちろん、単なるオリジナル記事ではなく「ユーザーが求めているもの」に限ります。

ブロガーやマーケッターの人は、ぜひ逆サジェストを使ってみてください!

よかったらこの記事をシェアください

(この記事を紹介してくださる方に感謝します)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
     
スポンサーリンク
レクタングル(大)