WordPressのSEO対策【WEBディレクターが推奨する設定】

よかったらこの記事をシェアください

WordPressとSEOのイメージ

WordPressのSEO対策について解説します。
必要な設定や注意点などをまとめました。
あわせてAll in One SEO Packのプラグイン設定も説明します。

最近のGoogleは、コンテンツの内容を重視するようになっています。
それでも、まだテクニックに頼る箇所があるので、確認をしていきましょう。

最初はプラグインを紹介していますので、具体的なSEOの設定を見たい方はnoindexの設定から解説しています。

目次

SEOのプラグインを導入する

WordPressには、優れたSEOのプラグインがあります。
テーマにSEO設定があっても、プラグインを導入する方が手間を省けます。

SEOのプラグインは、SEO初級者だけでなく上級者でも必要です。
プラグインは、All in One SEO Packをオススメします。

SEO上級者でもプラグインは必要

SEOの上級者は、プラグインに頼りたくないかもしれません。
私もプラグインは不要派だったのですが、近年、SEOの設定が複雑になっています。
余計な開発コストを省くためにも、All in One SEO Packの導入をオススメします。

また、プラグインによる処理速度の低下が気になるかもしれません。
実際は、ほとんど影響しないので安心して使えます。

All in One SEO Packがおすすめ

WordPressのSEOプラグインには、All in One SEO Packや、Yoast SEOなどがあります。
Yoast SEOは、私の環境で(日本語ファイルはあるのに)日本語にならなかったのと、細かい設定が多いので、All in One SEO Packをオススメします。

All in One SEO Packのインストール手順

All in One SEO Packのインストール画面

プラグインの新規追加画面で、人気順に並べるか「All in One SEO Pack」で検索すると出てきます。今すぐインストール有効化します。

All in One SEO Packの設定箇所

左ナビにAll in One SEOの項目が増え、設定ができるようになります。

noindexの設定

適切にnoindexを設定することで、SEOの効果が期待できます。
noindexとSEOの関係、詳しい設定方法を解説していきます。

noindexとは

noindexとは、検索結果に出さないようにする設定です。

HTMLの<head> </head>内に以下を記述します。

<meta name="robots" content="noindex,follow" />

この記述があれば、検索結果にでなくなります。(インデックスさせない)

検索結果に出す必要のないページは、noindexにします。
例えば検索ユーザーが、すぐに帰ってしまうようなページです。
Q&Aで回答がないページや、改善要望などのアンケートしかないページはnoindexにします。
これらは、検索ページから来てもらう意味がありません。

noindexとnofollowの説明

間違って「nofollow」を付けないようにしましょう。
nofollowは、ログイン画面などで使われます。通常のサイト運営では使いません。

サイト内の検索結果画面をnoindexにする

サイト内の検索結果画面は、必ずnoindexにします。
これは「リンクスパム」という攻撃を防ぐために必要です。

リンクスパムという手法で検索順位を下げる悪質な攻撃があります。
サイト内検索結果のページにnoindex処理をすることで防ぐことができます。
Google側でもサイト内検索結果のページは、表示させないように努力されていますが、サイト側でのnoindex処理は必須です。

All in One SEO Packのプラグインでは、Noindex設定から「検索ページに noindex を使用」にチェックを入れます。

All in One SEO Packの検索結果ページをnoindexにする

WordPressサイトのnoindex設定

以下のページもnoindexにしておきます。

  • 日付ごとの記事一覧
  • 投稿者別の記事一覧
  • タグ一覧
  • 404 Not Foundページ
  • お問い合わせ
  • (XMLではない)サイトマップ

「404 Not Foundページ」「お問い合わせ」は、ユーザーが検索から来ても意味がないので、noindexにしておきます。
それぞれのnoindex設定を解説します。

日付ごとの記事一覧
サイトを回遊するユーザーにとって必要なページですが、検索ユーザーが直接来ても意味がないので、検索結果に表示させる必要はありません。
投稿者別の記事一覧
日付ごとのページと同じ理由で、検索結果に表示させる必要はありません。早い段階でnoindexにしておきましょう。WordPressのログインユーザー名と同じ投稿者名が、「検索結果に出てしまう」というセキュリティリスクがあります。
タグ一覧
タグ一覧ページも、noindexにすると良いでしょう。タグ一覧ページは、低品質になりやすいからです。
404 Not Foundページ(ページが見つかりません)
検索結果に表示させる必要はないので、noindexにします。
お問い合わせ
検索から「お問い合わせ」に来てもらう意味がないので、noindexにします。
(XMLではない)サイトマップ
すべてのページにアクセスできるサイトマップは、ユーザーにとって便利です。しかし検索エンジンにしてみれば、リンクの羅列でちょっとスパムっぽい見えます。スパム扱いされるのを心配するなら、noindexにすると安心です。

All in One SEO Packプラグインでの設定

noindexは、All in One SEO Packプラグインで簡単に設定できます。
All in One SEO Packプラグインの「Noindex設定」で、以下にチェックを入れます。

  • 日付別アーカイブに noindex を使用
  • 投稿者アーカイブに noindex を適用
  • タグをnoindexにする
  • 検索ページに noindex を使用
  • 404 ページに noindex を使用
All in One SEO Packのnoindex推奨設定

WordPressの固定ページは、固定ページ編集画面の下に、All in One SEO Packの設定があります。

All in One SEO Packの固定ページをnoindexにする

「Robots メタ NOINDEX」にチェックします。(NOFOLLOWにチェックを入れないように気をつけます)

ページナビゲーション(ページネーション)はnoindexするべきか?

All in One SEO Packプラグインでは、ページ付けされたページ/投稿に noindex を使用にチェックを入れると、ページ分割された2ページ目以降がnoindexになります。
2ページ目以降を検索結果に出さない必要はありません。(どちらにしても検索順位に影響はないでしょう)

品質の悪いページをnoindexにする

最近のSEO対策として、「低品質のページをnoindexにする」というテクニックがあります。
海外サイトの事例や、Google社員の発言から見ると、効果があるようです。
noindexを検討する前に、ページを改善するのがベストです。

まったく検索流入がないページならば、noindexにしても悪影響はありません。
あくまで「ひとつの考え方として」です。
例えば2〜3ヶ月経過して、検索流入がゼロであれば、そのページはnoindexにすると良いでしょう。

カテゴリはnoindexにするべきか?

基本的にカテゴリページは、noindexにしません。
カテゴリのnoindexは、意見が分かれる項目です。

記事数が極端に少なかったり、カテゴリ名で迷っている段階ならば、noindexにしておくと良いでしょう。
主要なキーワードで、カテゴリページが検索上位にでているサイトも多くあります。
特にネットショップの場合、カテゴリは必ずインデックスさせましょう。

canonicalタグの設定

SEOで重要なcanonicalタグの設定について解説します。
All in One SEO Packプラグインのcanonical設定についても説明します。

canonicalタグとは

canonicalタグは検索エンジンに対し、重複したコンテンツを発生させないようにするものです。

例えばhttps://https://www.の2つのURLが混在している場合、以下のように正規のURLに向けて設定します。

<link rel="canonical" href="https://no-mark.jp/" />

canonicalタグの統一

URLの混在はペナルティにはなりませんが、別々のURLにリンクが貼られた場合、本来の順位より下がるかもしれません。

通常は301リダイレクトを使用する

重複コンテンツには、301リダイレクトの処理が必要です。

301リダイレクトについては、Search Consoleヘルプをご参考ください。
(今回はWordPressでの設定になるため、Google Search Consoleの説明を省略します)

ページの URL の変更と 301 リダイレクトの使用 - Search Console ヘルプ
検索エンジンの結果で表示されるページの URL を変更する必要がある場合は、サーバー サイドの 301 リダイレクトを使用することをおすす

例えば下図のように、様々な重複URLのパターンがあります。

canonicalタグで対応するべきURLの例

パターン⑥はメールマガジンからの来訪者を計測するURLを想定しています。
パターン⑥のURLは、実際にユーザーがアクセスしないと計測できません。
機械ではなく、ユーザーからのアクセスに意味がある場合にcanonicalタグを使用します。
①から⑤のパターンは本来301リダイレクトを使用します。
もちろん間違わなければ、canonicalタグを付けておいて問題ありません。
PHPプログラムであらためて開発するよりも、WordPressのプラグインを使えばラクです。

他にもcanonicalタグは、スマートフォンのユーザー向けに「別のURLを設定」している場合にも使用します。

All in One SEO Packプラグインのcanonical設定

All in One SEO Packプラグインでは、最初からcanonicalタグを使うように設定されています。

WordPressの一般設定

ただし、WordPressの一般設定で、上図のサイトアドレス (URL) が優先して反映されます。
ここに優先する正規URLが入っていないと、間違ったcanonical設定が出力されるので要注意です。
例えばhttpsのサイトなのに、httpのURLを入力していると、致命的な間違いが起きます。
httpから始まるcanonicalが(httpsにアクセスしても)出力されます。

他の設定と注意点

カスタム Canonical URL を有効化にすると、固定ページや記事ページで、個別にcanonicalのURLを指定できます。

All in One SEO Packで個別にcanonicalを設定

あまり使う場面はありません.
例えばページ内に、「メインのコンテンツが同じなのに、ページが複数ある場合」などは、カスタム Canonical URLを使用します。

チェックしてはいけない項目

ページネーションをCanonical URLsにしないをチェックしてはいけません。
ページ分割されたページをcanonicalタグで統一するのは、間違いです。

XMLサイトマップの設定

All in One SEO Packプラグインには、便利なXMLサイトマップ機能があります。
XMLサイトマップは、検索エンジンにサイトの更新を伝えて、インデックスを促すことができます。

All in One SEO PackプラグインでXMLサイトマップを設定する

All in One SEO Packの設定画面にアクセスすると、左ナビに機能管理が出てきます。

All in One SEO Packの機能管理

XMLサイトマップのActiveボタンを押します。

左ナビにXMLサイトマップが出現します。
noindexを設定している項目以外にチェックを入れます。

All in One SEO PackのXMLサイトマップ

XMLサイトマップが設定できたら、Google Search Consoleにて登録します。
Google Search Consoleの登録方法は、SEO HACKSさんの記事が分かりやすく参考になります。

サーチコンソール (旧:ウェブマスターツール) の設置・登録方法 | SEO基礎知識 [SEO HACKS]
SEOを行う上で必須のツール、サーチコンソールの設置・登録方法について説明しています。ウェブマスターツールとは何か、何が出来るのかを知りたい方は、「サーチコンソールとは」をご覧ください。 サーチコンソールの概要 Goog …

Google Search Consoleの登録は、WordPressで記事をアップしてからで構いません。
WordPressの設定がある程度できてから、Google Search Consoleを使う方が安心です。

XMLサイトマップのプラグインは必要なし

XMLサイトマップの登録には、専用のプラグインがあります。
基本的には、All in One SEO Packプラグインのサイトマップ機能を使います。
All in One SEO Packプラグインで設定した項目が、サイトマップと連動するからです。

画像もインデックスされる

All in One SEO Packプラグインの最新版では、画像もインデックスされるようになりました。
これにより、Googleの画像検索からの流入が見込めます。

altとキャプションをつける

画像のaltは、画像検索ユーザー向けのテキストです。
下図のように、「何の画像か」を記載するものです。

WordPressのalt設定

代替テキストでaltを設定できます

ページ全体のSEOを意識して、ターゲットのキーワードを入れるべきではありません。
あくまで画像の説明文をいれましょう。

また、alt属性は音声読み上げにも使われます。
「図やグラフ」などは、音声読み上げのユーザーにとっては、伝わらない可能性があります。
その場合は、キャプションを入れておきましょう。

ページ分割の設定

WordPressでサイトを作ると、記事一覧ページを分割させる必要がでてきます。
このようなページナビゲーション(ページネーション)のあるページには、以下のタグを記述します。

<link rel='prev' href='https://no-mark.jp/' />
<link rel='next' href='https://no-mark.jp/page/2' />

上記は3ページ以上分割されている記事一覧の2ページ目を想定した記述です。
前のページのURLにrel=’prev’を指定します。
次のページのURLにrel=’next’を指定します。
最初のページはrel=’next’のみの指定です。

非常にややこしいですが、All in One SEO Packプラグインをインストールすると自動で追加されます。
テーマでも対応している場合は、記述が2重になりますが無視して構いません。(できればテーマをカスタマイズして取り除きたいですが)
また、Googleはページ分割した一覧ページを経験則で把握するようなので、設定がなかったり間違っても、致命的な問題にはならないでしょう。

パーマリンクの設定

パーマリンクの設定は、まだ記事を投稿していないなら変えた方が良いでしょう。
直接順位には影響しません。

パーマリンクとは、記事に割り当てられた「個別のURL」です。

当サイトではドメイン/カテゴリ/パーマリンク名.htmlにしています。

https://no-mark.jp/webdirector/wordpress-seo.html

WordPressのインストール時には、日付+投稿名になっています。

WordPressのパーマリンク設定

これをカスタム構造にチェックをして以下を入力します。

/%category%/%postname%.html

パーマリンク名.htmlにすることで、重複コンテンツの防止になります。
いわゆるindex.htmlあり・なしパターンの統一です。

index.htmlあり・なしの解決策

上図の①と②の重複を「パーマリンク名.html」にすることで防いでいます。

さらには以下のように、カテゴリも取ると良いでしょう。

/%postname%.html

このパターンは、URLが変わらなくて済みます。
カテゴリから記事を移動するときに、リダイレクトが不要になります。

昔はURLにカテゴリ名があった方が良いとされましたが、近年は気にする必要がありません。

目次プラグインを導入する

直接順位に影響しないと思いますが、目次プラグインの導入をするテクニックがあります。
目次プラグインは、見出しタグ内にアンカーリンクを自動で付けてくれます。

見出しにアンカーリンクを付けることで、検索結果にリッチスニペットが表示されます。
(出ない場合もありますが、管理者側で調整することはできません)

リッチスニペットで見出しが表示される例

検索結果に「通常と異なる表示」を出すのを、リッチスニペットと言います。
リッチスニペットは、ユーザーの検索を助けるもので、クリックされる確率が増えます。
クリック率は、検索順位と相関関係にあります。

目次は、「ユーザーにとって邪魔」になる可能性もあるかもしれません。
可能であれば、ヒートマップなどを導入して、目次の効果を測定します。
当サイトでは、目次は必要と判断しています。

目次プラグインはTable of Contents Plusがおすすめ

Table of Contents Plusは、多くのサイトで採用されている目次プラグインです。
細かい設定に対応していて、使いやすいです。
見た目と機能は、Wikipediaの目次に近いものがあります。

プラグインの新規追加画面で「Table of Contents Plus」を検索して、インストールします。

Table of Contents Plusプラグイン

WordPress管理画面、左ナビの設定TOC+を選択します。

postpageにチェックを入れます。
必要に応じて、表示条件と見出しテキストを変更します。

TOCのpostにチェック

次に上級者向けをクリックします。

Table of Contents Plusの見出し設定

見出しレベルの項目のh2とh3にチェックを入れます。
目次のデザインが縦に長くなっても良ければ、h4以降にもチェックを入れていきます。
(見出しレベルの項目は、記事ごとに設定できません。通常のブログであれば、h1は外しておきます)

ディスクリプション設定

ディスクリプションは、検索結果のタイトル下に表示される文章です。

検索結果のディスクリプション

ディスクリプションは検索順位に直接影響しません。
しかし、ユーザーがサイトを見るかどうかの判断材料になります。
クリック率に影響するため、重要な項目です。

All in One SEO Packのディスクリプション設定

All in One SEO Packプラグインの場合は、記事投稿画面下でディスクリプションを入力できます。

All in One SEO Packのディスクリプション

最大160字とありますが、これは検索エンジン次第で変化しますので、あまり信用できない文字数です。
例えば更新日付が表示されると、その分だけ文字数は減らされます。

ディスクリプションは必ず書く

以前はディスクリプションを入力しないのも「あり」でした。
現在では、必ず書くようにしましょう。

ディスクリプションを書かなかった場合、冒頭の文章が抽出されてしまいます。[1]

  1. Google側で書き換えられるという例外もあります。

見出し直下の文章も検索結果に表示される

前項の目次を導入した場合には、ディスクリプションが無視されることもあります。

ディスクリプションをGoogleが作成

「見出しタグ」+「パンくず」という検索ワードで検索しました。

上図のように、見出し直下の文章が検索結果に表示されます。
見出しの後の文章は、検索ユーザーの目に入るということを意識する必要があります。

カテゴリーのディスクリプション設定

カテゴリーが検索結果に表示されることがあります。
頑張って更新を続けることで、ビッグワードを獲得できるケースもあります。

記事数が増えたなら、カテゴリーのディスクリプションを設定するべきです。

カテゴリーのディスクリプション

その他の設定

その他に、設定すべき項目を紹介します。

RSSの設定

WordPress管理画面、左ナビの設定表示設定を選択します。

RSS/Atom フィードでの各投稿の表示という項目があるので、抜粋のみを表示にします。

RSSの設定

これは、サイトを「丸ごとコピー」されるのを防ぎます。
RSSの情報を使って、他者のサイトを盗用する「スパムサイト」が存在します。

サイトを盗用されると、Googleがオリジナルのサイトを判断できないことがあります。
WordPressは、canonicalタグでこの盗用を防ぐようにはなっていますが、念のため設定しておくと安心です。

SEOに強いテーマを使う

WordPressは、無料から有料まで、多くのテーマが利用できます。
有料テーマだからといって、「SEOに強い」ということはありません。

初心者であれば、アップデートされている国産テーマがオススメです。

多くのテーマには構造化・リッチスニペットが含まれています。(構造化・リッチスニペットは順位に影響ないですが)テーマに任せることで、SEOの恩恵を受けられます。
私が知っている無料テーマでは、Simplicity2がオススメです。
アップデートが頻繁にされていて、SEOの知識が豊富な方によって設計されています。

WordPressには「All in One SEO Pack」や「Yoast SEO」などのプラグインがあります。
これらのプラグインを使うことで、テーマ選びの際にSEOまでは、あまり気にする必要もないでしょう。

レスポンシブ対応のテーマを使う

現在、WordPressのテーマは、ほとんどレスポンシブデザインに対応しています。
もしレスポンシブになっていないテーマがあれば、避けた方が無難です。

SEOに関するレスポンシブのメリットとしては、以下の項目があります。

  • URLが統一されている
  • PCとモバイルでコンテンツの内容が同じになっている

レスポンシブが何かについては、アーティスさんのブログ記事が参考になります。

レスポンシブWebデザインについて知っておきたいこと【作り方入門編】 | ビジネスとIT活用に役立つ情報
「Webサイトのスマホ対応が必要な 3つの理由」でも書かれているように、Webサイトのスマホ対応はWebサイト制作において必須要件になっています。 そのスマホ対応の方法として多くのサイトで用いられている「レスポンシブWe...

見出しタグの重要性は低下

WordPressには、見出しタグが不適切なテーマもあります。
例えば「記事タイトルがh2タグ」に設定されているテーマです。

これは、最近のSEOの動向で言えば、ほとんど気にする必要はありません。
Googleは、最適な検索結果を出すために、HTMLタグの構造は重視しません。

見出しタグが気になる方は、以下の記事をご参考ください。

SEOのメリットがなくなってきましたが、正しい構造の見出しにして、損はありません。

まとめ

ブログサービスと違ってWordPressは、細かくカスタマイズができます。
そのため、SEOの設定が多いと思われるかもしれません。
WordPressには、強力なプラグインがあるため、作業数を大幅に削減できます。

httpsで始まるSSLの対応など、SEOの変化は速いと感じます。
最近では、モバイルの最適化が重視されています。

ずっと変わらないのは、Googleが検索ユーザーを重視し、コンテンツの中身が最も重要だということです。

※この記事は、SEOの変化に合わせて随時更新していきます。

よかったらこの記事をシェアください

(この記事を紹介してくださる方に感謝します)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
     
スポンサーリンク
レクタングル(大)