WordPressのデータベース名 接頭辞(プレフィックス)を超簡単に変更する方法

よかったらこの記事をシェアください

WordPressとセキュリティのイメージ

WordPressのデータベース・テーブル名の接頭辞(プレフィックス)を簡単に変えられる方法を解説します。

接頭辞(プレフィックス)を変えるには「All In One WP Security & Firewall」というプラグインを使うのが簡単です。
私もいまだにデータベースを触るのは緊張するので、今回のような簡単に変更できるプラグインに頼っています。

接頭辞(プレフィックス)を変えることは、WordPressの重要なセキュリティ対策のひとつです。
悪意のある攻撃者がデータベースに直接アクセスしにくい状態を作ります。
世界中で使われているWordPressは攻撃対処にもなりやすいので、サイトが大きくならないうちに変えておくべきです。

なるべく初期の段階、インストール直後などに変えておくことをオススメします。
サイトが大きくなってからでは、データベースにアクセスするのも緊張します。

プラグイン「All In One WP Security & Firewall」を使う

WordPressのデータベース・テーブル名の接頭辞を変更するには、セキュリティ用のプラグインを使うのがもっとも簡単です。

セキュリティプラグインはたくさんありますが「All In One WP Security & Firewall」がオススメです。

All In One WP Security & Firewall

インストール数も多くて更新もされています。

他にも接頭辞を変更するのに「Acunetix WP Security」というプラグインもありますが、こちらは2年以上更新されていないのでオススメできません。

Acunetix WP Security
plugins, private, protection, tracking, wordpress Requires at least: 3.0 Tested up to: 4.2 Stable tag: trunk ライセンス: GPLv2 or later ライセンス URI: http …

【注意】テスト環境を用意する

セキュリティのプラグインは、サーバーのデータベース内に新しくテーブルを自動作成します。
さらにはサーバーを制御する「.htaccess」を書き換える場合もあります。
これらの動作でレンタルサーバーによっては、エラーを起こす可能性が考えられます。

初心者だと手に負えないほどの問題になりかねないので、別のWordPressを使ってテストをしましょう。
また、インストール時は問題がなくても、プラグインの設定を触ってエラーを起こす可能性もあります。

万が一、サーバーエラーが起きた場合は、FTPソフトでプラグインを削除して、プラグインによって書き換えられた「.htaccess」を戻さないといけません。
ただしAll In One WP Security & Firewallプラグインは、「.htaccess」のバックアップもできるので安心です。

All In One WP Security & Firewallをインストールする

まずはWordPressのプラグイン新規追加で「All In One WP Security & Firewall」を検索します。
プラグインが出てきたら有効化でインストールします。

WordPressの左ナビにWP Securityが出現します。

「.htaccess」をバックアップする

念のため「.htaccess」をバックアップしましょう。

WP SecuritySettingsに移動します。

All In One WP Security & FirewallのSettings

.htaccess Fileタブに移動して、Backup .htaccess Fileボタンを押します。

All In One WP Security & Firewallで.htaccessをバックアップ

以上の手順だけで、サーバーの「wp-content」フォルダに「aiowps_backups」フォルダが作成されます。フォルダの中には「.htaccess」の内容がテキストデータで保存されています。

バックアップされた.htaccessファイル

「.htaccess」の復元は、Restore .htaccess Fileボタンで行います。

この「aiowps_backups」フォルダは、プラグインを削除しても消えません。
All In One WP Security & Firewallプラグインは、他にもデータベースのバックアップ機能を備えています。

データベースをバックアップする

データベース名の接頭辞を変更する前に、データベースのバックアップを取ります。
というのもプラグイン側で強く推奨されているからです。

WordPressの左ナビのWP SecurityDatabase Securityにアクセスします。

All In One WP Security & FirewallのDB警告

赤枠内の文章は「接頭辞(Prefix)の変更前にデータベースのバックアップを取ってください」と書かれています。
赤文字は「接頭辞(Prefix)が『wp_(デフォルト)』になっているので、サイトのセキュリティを強化しましょう」と書かれています。

データベースのバックアップは簡単です。

DB Backupタブに移動して、Create DB Backup Nowボタンを押します。

All In One WP Security & FirewallのDBバックアップ

先ほどの「.htaccess」バックアップと同じ場所「wp-contentaiowps_backups」にデータベースのバックアップが保存されます。

データベース名の接頭辞を変更する

それではデータベース名の接頭辞を変更していきます。
DB Prefixタブに戻ります。

Choose your own DB prefix by… の左枠に任意の接頭辞(Prefix)を入力します。最後に「_(アンダーバー)」を入れます。

All In One WP Security & Firewallの接頭辞変更

Check this if you want the plugin…のチェックは、プラグインに自動で6文字の 接頭辞を生成させます。

今回は当サイトのテスト環境でnomktest_にしました。
できる限り推測しにくい文字列にしましょう。
WordPressのデータベースを扱うプログラムを自作する場合でも、記憶する必要のない文字列です。

Change DB Prefixボタンを押して完了です。

必要に応じてプラグインを削除

データベースの接頭辞を変更するだけの目的であれば、プラグインは削除して構いません。
(私は削除しています)

All In One WP Security & Firewallプラグインは、WordPressのセキュリティを高める機能が他にも備わっています。
さらにバックアップもできるので、今後も使用される方は、NETAONEさんの記事が参考になると思います。

All In One WP Security & Firewall – WordPressのセキュリティ対策を一元管理できるプラグイン | ネタワン
All In One WP Security & Firewallは、WordPressのセキュリティ対策の設定を一元管理できるプラグインです。 このプラグインは高度なセキュリティ対策の機能が1つのプラグインに・・・

phpMyAdminにて確認

phpMyAdminにアクセスできる人は確認しておきましょう。

Xサーバーをお使いの方は以下の方法でphpMyAdminへアクセスできます。

phpMyAdmin | レンタルサーバー【エックスサーバー】
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|「phpmyadmin」の利用方法に関するご案内です。

もしユーザー名とパスワードを忘れた場合は、FTPにてWordPressディレクトリにある「wp-config.php」から確認できます。
MySQL データベースのユーザー名とMySQL データベースのパスワードをご確認ください。

WordPressのデータベースのユーザー名とパスワード

先ほど設定した「nomktest_」がテーブル名に付きました。

All In One WP Security & Firewallが自動生成するプラグイン

プラグインが自動生成したテーブルは、プラグインを削除しても残ります。
プラグインの削除後は、phpMyAdminの操作に慣れているのであれば、「_aiowps_」のテーブルを削除して構いません。

以上にて作業は完了です。

初心者には難しいデータベースの接頭辞変更

WordPressのデータベース・テーブル名の接頭辞は、プラグインを使わないと初心者には難しいと思います。

プラグインを使わない方法については、わどぷれさんの以下の記事が参考になります。

http://wordpress-jp.info/tips/tp-change/

wp-config.phpを書き換え後、phpMyAdminからSQL文を入力して変更します。
私も一度この方法で変えたことがあります。

普段あまりSQL文に慣れていないので、データベースを触るのはかなり緊張しました。
ちょっと初心者だと厳しいですよね。

プラグインを使えば余計なデータベースやフォルダができてしまいますが、直接phpMyAdminを触るリスクがなくなります。
それでもWordPressのセキュリティ対策としては、データベースのテーブル名の変更は重要です。

まとめ

WordPressのセキュリティプラグインを試している時、データベース・テーブル名の接頭辞(プレフィックス)が変更できることを知りました。
もしかしたらプラグインで接頭辞(プレフィックス)だけ変えて、後は削除すれば良いのでは? と思って試したところ上手くいきました。

All In One WP Security & Firewallプラグインは、手軽にバックアップも取れるのでオススメです。
「.htaccess」のバックアップ機能もユニークですね。

WordPressのスキルをアップさせるのであれば、いずれはSQLも学ぶことになると思います。
それまでの間はプラグインを頼るのが良いでしょう。
私もそうでしたが、簡単な方法でもいいからデータベースに慣れることで、少しずつWordPressやWEBが理解できるようになっていきます。

よかったらこの記事をシェアください

(この記事を紹介してくださる方に感謝します)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
     
スポンサーリンク
レクタングル(大)