バズ部のWordPressテーマ「Xeory」のメリット・デメリットとレビュー

よかったらこの記事をシェアください

XeoryとiPadのイメージ

WEBディレクター&デザイナーの立場で、バズ部のWordPressテーマ「Xeory」の良い点、悪い点をレビューします。

これからWordPressサイトの構築とカスタマイズをしようと考えたとき、Xeoryのテーマは有名なので選択肢に入ると思います。
カスタマイズのしやすさ、メリット・デメリット、「どういったサイトに向いているか」「どのようなスキルの人に合っているか」などを徹底的に解説していきます。

テーマはXeory BaseとXeory Extensionの2種類ありますが、Xeory Extension単体のメリットはこの記事内に分けています。
また、公式サイトに掲載されていないカスタマイズ事例も集めました。

まずはXeoryの基本的な情報から説明していきます。

Xeoryとは?

Xeoryはバズ部さんが提供する無料のWordPressテーマです。
国産のテーマでブログ・メディアや企業サイトまで多くのユーザーに使われています。
Xeoryの特長は、最低限のデザインと、最低限の機能を持っていることです。後ほど解説していきます。

商用利用も可能で、企業のメディアで使われているのをよく見ます。

Xeoryの単語を調べてみましたが、英語にはなく、該当する意味は見当たりません。
Google翻訳に通すと「ゼオリー」もしくは「ジオリー」の読み方のようです。
読みにくいので「バズ部のテーマ」と呼ばれることが多いです。

Xeoryは2種類

Xeoryのテーマには、ブログ・メディアに特化したXeory Baseと、企業サイトに特化したXeory Extensionの2つがあります。

ブログ型のXeory Base

Xeory Baseをトップページに適用した状態

当サイトにXeory Baseを適用した初期の状態

Xeory Baseはブログ・メディアサイトなどの立ち上げをする際、ベーステンプレートとして使うのに適しています。

企業サイト+ブログ型のXeory Extension

Xeory Extensionテーマを適用したトップページ画面

当サイトにXeory Extensionを適用した状態

Xeory Extensionは、企業サイト型のテーマになります。
下層ページはブログ・メディア記事としても書けるので、企業サイトに適用するならこちらがオススメです。

作者

Xeoryはコンテンツマーケティングで有名なバズ部さんが提供しています。

バズ部
私たちが考える最高のWebマーケティング、コンテンツマーケティングについて、会社経営者、Webの担当者や個人事業主の方々にダントツで役に立つコンテンツを提供する「バズ部」

公式ページ

Xeory-無料WordPressテーマ-
Xeoryはコンテンツマーケティングに特化した無料のWordPressテーマです。もちろん内部SEOも最大限まで最適化しているので、このテーマを使って、良質な記事を届けて行けば自然と多くのアクセスを得られるようになっています。

Xeoryダウンロードページ

ダウンロードは無料ですが、ログインするのに名前とメールドレスの入力が必要です。

XeoryのWordPressテーマ一覧
バズ部が提供するコンテンツマーケティングに特化した無料のWordPressテーマ-Xeory-で現在提供中のテーマ一覧です。

Xeoryのメリット

Xeory Baseと、Xeory Extensionを含めたメリットを解説していきます。
Xeory Extension単体のメリットについては、後でまとめて記載しています。

ユニークな機能、シンプルな作りによるメリット、WordPress初心者にも分かりやすい構成などを解説していきます。

ブログ・メディアサイトのベースとして最適

HTML・CSSの知識があって、自分だけのデザインのWordPressサイトにしたいなら、Xeoryは最適です。
Xeoryは最低限のデザインと、最低限の機能で組まれています。
これはオリジナルテーマのベースとして、大変使いやすいというメリットがあります。
また、作りが単純化されているので、WordPressのテーマ作成を学ぶのに最適です。

ゼロからテーマを作るのは大変

WordPressのテーマをゼロから作るのは大変です。
私もテーマをゼロから作った経験がありますが、後で足りないパーツがたくさん出てきました。
記事内のYoutube動画の貼り込み、アーカイブページ、SNSボタンなど、作成中に後から必要なパーツが次々に出てきます。

Xeoryのテーマは何もしていない状態できちんと機能するので、細かいパーツ作りは不要、もしくは後からカスタマイズすれば良いわけです。

最小限のファイル構成

Xeoryのテーマは以下のように最小限のファイルで構成されています。どこに何のファイルがあるか分かりやすくなっています。

Xeoryのファイル構成

Xeory Baseの場合です。Xeory Extensionでは、専用トップページのfront-page.phpが追加されます。

必要最低限のファイルなので、WordPress初心者でも分かりやすいのがポイントです。

他の高機能なテーマでは、ヘッダーだけでもたくさんのファイルに分けられていることがあります。
そういったテーマはPHPやWordPressに慣れていないと、探しにくいかもしれません。
Xeoryのテーマは、WordPressの初心者がテーマのカスタマイズを勉強するのに最適です。
WordPressのデザインには「何のファイルが必要なのか」という点で勉強になるでしょう。

補足ですが、テーマ内のlibフォルダの中には、functions.phpの中身や管理画面で扱うパーツが含まれています。
これらはカスタマイズには触る必要性がほとんどなく、分離されているのも分かりやすいポイントです。

WordPressを学ぶのに最適

Xeoryのテーマは、単純でシンプルな作りになっているため、WordPressのテーマ作成を学ぶのに最適です。
これからWordPressを学びたいという方にも分かりやすいでしょう。

具体的にいうと、機能面での余計なプログラム分岐がありません。
管理画面でカスタマイズの設定がほとんどないので、プログラム分岐の記述もなく、コードはXeoryが一番見やすいかもしれません。

ゼロからWordPressのテーマファイルを作るのは大変なので、Xeoryをカスタマイズしながら学ぶと良いでしょう。
カスタマイズの際には子テーマを使用してください。
子テーマでないと、親テーマのアップグレード時にカスタマイズ内容がクリアされます。
以下を参考にしてください。

Xeoryを子テーマでカスタマイズしている方のためのアップデート方法

構造化データとリッチスニペットに対応している

Xeoryのテーマは構造化データとリッチスニペットに対応しています。
例えばヘッダーのタグには、以下のように検索エンジンへ構造を伝える記載がされています。

<header itemscope="itemscope" itemtype="http://schema.org/WPHeader">

リッチスニペットにも対応しているので、基本的な構造化については心配いりません。
パンくずにも構造化の記載がされています。

<li itemscope="itemscope" itemtype="http://data-vocabulary.org/Breadcrumb">

これらはゼロからテンプレートを作る際に手間が掛かるので、最初からテンプレートに記載されているXeoryのテーマはカスタマイズが容易といえます。

レスポンシブウェブデザインに対応

Xeoryのテーマはレスポンシブウェブデザインに対応しています。
モバイルでアクセスしても、同じURLでCSSを切り替えます。
ただしレスポンシブウェブデザインをOFFにすることはできません。

どうしてもレスポンシブウェブデザインを辞めたい場合、WordPressに用意された関数でモバイルとPCを分岐させる必要があります。
その場合もタブレット用にPHPのプログラムで追記する必要があります。

CTA機能

Xeoryのユニークな機能に、CTAの設定があります。
記事を最後まで読んだ人向けに、自社サービスへ誘導する目的のコンテンツを設置できます。

XeoryのCTA設定画面

Xeoryのテーマを適用すると、上図のようにCTAの項目が左ナビにつきます。
これはWordPressのカスタム投稿タイプと呼ばれるもので、新しいフォーマットで記事を追加することができます。
新規でCTAの記事を追加すると、専用のCTA記事作成画面がでてきます。

XeoryのCTA出力画面

CTA設定後の画面です。
記事を最後まで読んだ方に、誘導したいサービスへの導線を置くことができました。
綺麗に整形されたフォーマットで汎用性も高く便利です。

CTAは複数作成でき、それぞれの記事で何を挿入するかを選ぶことができます。

Xeory特有のコンテンツマーケティングに特化した機能です。
ただし、これぐらいの機能でしたらWordPressでゼロから作っても、それほど開発コストは掛かりません。

CTA機能の注意点

CTA機能で外部のサイトへリンクさせる場合は注意も必要です。
価値のないページを量産して、外部サイトへ誘導するのは、Googleのウェブマスター向けガイドラインに違反します。いわゆるサテライトサイトです。

Googleのウェブマスター向け公式ブログの誘導ページについての投稿をよく読んでから、CTA機能を使うことをオススメします。

誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です
多くの方が、普段運営されているサイトへの集客に様々な工夫をされていることと思います。しかし、ユーザーのためではなく、過度に検索エンジンを意識した集客方法は、 Google のウェブマスター向けガイドライン に違反してしまうことがあります。検索結果を人為的に操作してユーザーの利便...

CTA機能のリンクはrel=”nofollow”が付きません。
以下を読んでからCTA機能を使いましょう。

特定のリンクに対して rel="nofollow" を使用する - Search Console ヘルプ
「nofollow」は、「このページのリンクをたどらない」や「このリンクをたどらない」といった指示を検索エンジンに与える手段の 1 つです

誘導する外部サイトから金銭を受け取っているのにnofollowになっていないのは、Googleのウェブマスター向けガイドラインに違反します。

LP(ランディングページ)機能

Xeoryには先ほどのCTAと連携可能なLP(ランディングページ)を作成することができます。
LPとは、主にネット広告から訪れたユーザー向けに自社サービスを紹介するチラシのような集客ページのことです。
CTAからリンクするのも想定されています。

XeoryテーマのLPの設定方法

こちらもWordPressのカスタム投稿タイプで作成されています。
固定ページと違う点は、簡単に入力フォームが付けられることです。
また「アスメル」や「オートビズ」といったメルマガ配信サービスと連携することができます。

このあたりもXeoryがコンテンツマーケティングに特化していると言われる機能です。

使い方マニュアル

Xeoryには管理画面に「使い方マニュアル」が実装されています。

Xeoryの使い方マニュアル画面

便利ではありますが、不要だった場合、子テーマからは容易に削除できません。

Xeoryの使い方マニュアルを削除する

どうしてもXeoryの使い方マニュアルを非表示にしたい人は、Simple Custom CSS and JSなどのプラグインで管理画面のCSSを編集する手があります。

Xeory管理画面のCSS設定

Simple Custom CSS and JSでは、管理画面のCSSを簡単に操作できます。

#toplevel_page_bzb_option_start {display:none}

上図では、id名の#toplevel_page_bzb_option_startdisplay:noneを適用して、使い方マニュアルを非表示にしています。
もちろんプラグインを使わずにfunctions.phpに記述して、CSSを差し込むこともできます。

その他のメリット

Xeoryの上記以外のメリットをまとめます。

SNSに連携

Xeoryはテーマ作成で手間の掛かる各種SNSの連携機能が最初から設置されています。作業工数を削減できるので助かります。

Googleアナリティクス、Search Consoleの連携機能

GoogleアナリティクスやGoogle Search Consoleの連携も、初期設定から行うことができます。
ただし後からテーマを変更する可能性があるなら、WordPressのテーマから設定するのは避けた方が良いでしょう。

ページナビゲーションがついている

Xeoryには設置するのが大変なページナビゲーション機能が最初からついています。
ページナビゲーションはPHPでプログラミングするのはもちろんですが、デザインするのも苦労します。
ページナビゲーションの機能はサイトごとに変える必要もないので、最初からテーマに実装されているのに越したことはありません。
初心者がゼロからテーマを作ると最初に困るのが、このページナビゲーションとパンくずだと思います。

SEOチェックポイント機能

Xeoryは記事投稿画面にSEOのチェック項目が実装されています。

XeoryのSEOチェックポイント

これは必要ないかもしれません……。

Xeoryの記事投稿画面

記事作成画面のいたるところにアドバイスや解説が書かれているので、メディアやブログのコンテンツ作成に慣れてない方は、記事を書きながら参考にできます。

Xeory Extensionのメリット

Xeory BaseにないXeory Extensionのみのメリットを解説します。

Xeory ExtensionはXeory Baseに企業型のトップページを足したようなイメージになります。

Xeory Extensionテーマを適用したトップページ画面

ユーザーが目的にたどり着きやすい縦に長いタイプのトップページです。

内部の下層ディレクトリには、ブログ・メディア記事、固定ページ、LPなどを配置できるのに加えて、トップページにも任意のページを出すことができます。

Xeory Extensionのトップページの一部分

トップページに最近の投稿や任意の記事を出すことができます。

Xeory Extensionのトップページの下部

会社概要は専用のレイアウトがあります。Google Mapと連携させて地図も簡単に差し込めます。

また、トップページには「お問い合わせフォーム」も用意されています。
「Contact Form 7」というプラグインに連携させることで、トップページにお問い合わせフォームを設置できます。

これらは無料で使えることが信じられないほどの機能です。
WordPressで開発するには、相当なコストが掛かります。
さらに機能面を詳しく解説していきます。

トップページと下層ページを連携

Xeory Extensionの非常に強力な機能です。
トップページに任意の記事や固定ページをWordPressの管理画面から出すことができます。

下図はクローズアップ記事の設定です。

Xeory Extensionのサイト設定画面

タイトルやサブタイトルを入力し、出したいコンテンツを選ぶことができます。

Xeory Extensionの項目を追加するボタン

さらにすごいのは、管理画面で項目を追加できることです。
これをWordPressで実現するのは大変なことです。

企業型サイトにXeory Extensionは有力候補

前述の高い機能がXeory Extensionでは無料なことに驚きます。
WordPressとXeory Extensionの組み合わせは、高い開発費を削減することができます。

もちろんWordPressを導入すると、メンテナンスやセキュリティの更新で定期的なメンテナンス費用が発生します。
「WordPressを使うならば」という条件になります。

Xeoryのデメリット

WordPressテーマ「Xeory」のデメリットを解説します。
Xeoryは簡素化された構成がメリットでしたが、それがデメリットでもあります。
HTMLやCSSのカスタマイズができない人にはオススメできません。
しっかりカスタマイズしないといけないので、素早くブログを立ち上げるという目的には不向きです。

トップページがリスト化されてない(Xeory Baseのみ)

Xeory Baseのテーマはトップページがリスト化されていないため、すべての本文記事が繰り返されます。

Xeory Baseをトップページに適用した状態

トップページは本文がすべて表示された状態

本文が長いとフッターにたどり着けません。
これを改善するには、WordPressの記事投稿画面でmoreタグを挿入する必要があります。

WordPress記事投稿画面のmoreタグ

moreタグを挿入すると、続きを読むボタンが出現し、記事をまとめることができます。

Xeory Baseでmoreタグを適用後の画面

トップページを無料テーマの「Simplicity2」と比較した場合、Xeoryは使い勝手が悪いかもしれません。

以下のようにSimplicity2では記事の一つ一つがカードリスト型でまとまっています。

Simplicity2をトップページに適用した状態

こういったデザインのカスタマイズは難度が高く、長いタイトルに対応したり、本文をどこまで表示させるかなど、PHPのプログラムも記述する必要があります。
デザイナーやHTMLのコーダーは企業サイトだけでなく、WordPressのようなブログ系のデザインに慣れていないと、Xeoryのカスタマイズは難しいでしょう。

Xeory Extensionではmoreタグが不要

Xeory Extensionのアーカイブ画面

Xeory ExtensionはXeory Baseと違い、moreタグを入れなくても続きを読むがアーカイブページに挿入されます。

カスタマイズ項目が少ない

ゼロからカスタマイズできる人にはメリットになりますが、Xeoryのカスタマイズ範囲は極端に少ないです。
管理画面から選ぶのではなく、あくまでHTML、CSS、PHPプログラミングのカスタマイズができるユーザー向けに設計されています。

管理画面からはデザインのカスタマイズができない

Xeoryのカスタマイズ画面

上図がWordPress管理画面でのデザインのカスタマイズ設定です。
4色選べるカラー設定は、リンク色とボタンぐらいしか適用されません。

レイアウト設定はカラムを1つにしたり、左右のナビゲーションを入れ替えることができます。
管理画面からデザインをカスタマイズするのではなく、HTMLやCSSでデザインをするユーザー向けに設計されています。

機能もカスタマイズができない

Xeoryは機能のカスタマイズもWordPressの管理画面にはありません。
管理画面からではなく、子テーマを作り、functions.phpにプログラミングでカスタマイズする必要があります。

SEO施策はプラグインが必要

Xeoryのテーマは、内部SEO対策として構造化データとリッチスニペットや、記事ごとのメタディスクリプションに対応しています。
しかし、それだけでは不十分です。
例えばサイト内検索結果のページにはnoindex処理が必要です。

これらの問題はAll in One SEO PackなどのSEOプラグインを入れるだけで解消されます。

Xeoryのカスタマイズ事例

Xeoryのテーマからデザインをカスタマイズしているサイトを集めました。
個人的な視点でデザインの美しさや、メディアとして安定した作りになっているかなどを判断して抜粋しています。

Xeory公式の事例一覧は以下となります。

-Xeory- WordPressのデザインカスタマイズ事例一覧
コンテンツマーケティングに特化した無料のWordPressテーマ 'Xeory'を使った様々なカスタマイズ事例をご紹介しています。

以下に集めましたので、カスタマイズ事例としてご参考ください。

サルワカ | サルでも分かる図解説明マガジン
サルワカ | サルでも分かる図解説明マガジン
サルワカはあらゆることを分かりやすく解説するメディアです。何か分からないことがあったときはサルワカへどうぞ!
WEB系のデザインに詳しいサルワカさんのサイトは、ほぼXeoryの原型が残っていないほど美しくデザインされています。このサイトを見てもXeory Baseは、WordPressでゼロからデザインするのに最適と分かります。
DI:GA online
DI:GA online
「DI:GA online」はコンサートプロモーター・DISK GARAGEがお送りするエンタテイメントwebマガジンです!
コンサートプロモーター・DISK GARAGEさんのエンタテイメントwebマガジンです。こちらのサイトもXeory Baseが使われています。マガジン風レイアウトでデザインされているのが特長です。
リフォームジャーナル
リフォームジャーナル
外壁塗装からDIYまでリフォームの正しい情報をわかりやすく伝えるメディア
リフォームやDIYの情報メディアでXeory Baseが使われています。丁寧に見やすくデザインされているので、信頼性の高い印象を与えるデザインです。

まとめ

Xeoryは、テンプレート作成の基本を抑えつつも、WordPress初心者がカスタマイズしやすい作りになっています。

Xeory Extensionに関しては、WordPressで企業型サイトを作る開発コストを大幅に削減できる可能性があります。
有料のCMSにあるような高い機能をWordPressで実現しているのです。

Xeoryの利点を以下にまとめます。

  • WordPress初心者がテーマ作りを学ぶのに最適
  • 機能が少ないのでWordPress中級者以上も迷うことなくカスタマイズができる
  • 徹底的にこだわったカスタマイズがしたいならオススメ
  • Xeory ExtensionはWEBマーケティングを含めた企業サイトに最適
  • Xeory Extensionは開発コストを削減できる可能性がある

私は一時期、WordPressの独習も含めてXeory Baseでサイトを構築したことがあります。
国産でシンプルなテーマだったので構造が理解しやすかったです。

スタートアップ企業などがコストを掛けず、スピードを重視してホームページを立ち上げたいという要望ならXeory Extensionがオススメです。
もちろんWordPressのリスクを知った上での判断になります。

WordPress初心者の方や、テーマに迷っているときの参考になれば幸いです。

よかったらこの記事をシェアください

(この記事を紹介してくださる方に感謝します)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
     
スポンサーリンク
レクタングル(大)