スキニージーンズは危険ではない【タイトパンツ症候群】に反論

よかったらこの記事をシェアください

ショッピングをする女性

スキニーパンツ(ジーンズ)は「足を圧迫して危険」というネットの情報があります。
これらは過剰な不安を与えています。

私はちょっと疑問に思っていました。
すべての情報元が、1つの事例しかないのです。

実際はどうなのでしょうか?
アトランティック[1][2]のウェブサイトに、この話題が取り上げられています。

  1. アメリカの情報誌、The Atlantic
  2. 情報源の信頼性は最上位クラス

あらためて情報を精査する必要があります。

もしスキニージーンズに不安があれば、この記事をご参考ください。

危険と言われる経緯

スキニージンズが危険という主張は、どこから来たのでしょうか?
そしてどのような理由で危険だと言うのでしょうか?

情報元

スキニージーンズが原因で、35歳のオーストラリア人女性が入院したという事例があります。
それは引っ越しの手伝い中に起こりました。

夜にまで引っ越しが長引き、足のしびれを感じるようになったのです。
彼女は足が動かせなくなり、4日間入院することになりました。

これはスポーツや交通事故など、打撲で起こりやすい病気です。[1][2]

  1. 血行障害などにより、神経組織が壊死するコンパートメント症候群
  2. 急性のコンパートメント症候群では、すみやかな処置が必要

もとの情報源は以下です。(英語)

Fashion victim: rhabdomyolysis and bilateral peroneal and tibial neuropathies as a result of squatting in ‘skinny jeans’ | Journal of Neurology, Neurosurgery & Psychiatry

スキニージーンズが危険という情報元は、この1件の事例に集中しています。
そして非常にレアなケースとして、報告されています。

本当にスキニージーンズが原因でしょうか?
それは疑わしいものです。

スキニーパンツが足を圧迫する?

スキニーパンツが足を圧迫するというのは、確かに考えられます。[1]

  1. 知覚異常性大腿神経痛などのリスクがあると言われています

特に私たち一般人は、なんとなく危ないイメージを持ってしまいます。

主にリスクは、シートベルトやコルセットなどによるものです。
しかしスキニーパンツには、それらと違って伸縮性があります。

タイトなジーンズであっても、身体と一緒に動かせるのであれば、大きな問題にまでなりません。

スキニージーンズは本当に危険か?

ジーンズとトランクケース

スキニージーンズは本当に危険なのでしょうか?
医師や科学メディアの編集者たちは、スキニージーンズが危険という話について反論しています。

オーストラリア人女性の事例は、スキニージーンズが直接の原因とは言えない、という報告が次々に出てきました。

スキニーパンツを避ける必要はない

アトランティックのウェブサイトに、詳しい説明が掲載されています。

Are Skinny Jeans Going to Kill Me?
Can pants be so tight that they cause blood clots, or back pain?

上記の記事を説明します。
インタビューしたカーチス医師によると、伸縮性のあるスキニーパンツに、危険性の心配はないと言います。

ほとんどのスキニーパンツは、足首の周辺を締め付ける構造になっていません。
動脈が圧迫されることはなく、静脈の循環についても問題は起こらないとのことです。

高齢者は注意も必要

どうやら高齢者に関しては、スキニーパンツを避けた方が良さそうです。
高齢者には、他の病気のリスクがあるからです。[1]

  1. 末梢血管疾患や静脈疾患など

カーチス医師も、座り続けることがある高齢者なら、話は別と言います。

常識的な範囲で選ぶこと

アトランティックの記事では、あまりにきついスキニーパンツは、避けるべきと忠告しています。
常識的な範囲で選ぶ必要があります。

伸縮性がなかったり、痛みが出るようなジーンズは避けた方が良いでしょう。

他の専門的な人たちの見解

ハーバード大学のブログにも、医学部の助教授による解説が掲載されています。

What’s the skinny on the dangers of skinny jeans? - Science in the News
 Skinny jeans have been blamed for many things, from the downfall of American men to #Bendgate, but hardly ever for medical issues. A recently published case st...

情報元となるオーストラリア人女性の事例は、スキニーパンツが原因とは考えられていません。
むしろ外傷による要因の方が、可能性が高いと言います。

因果関係は極めて低い

イギリスの大手新聞「ガーディアン」にも掲載されています。[1]

  1. 情報源の信頼性は中の上
What evidence would convince me skinny jeans are bad for health?
Suzi Gage: Skinny jeans have been implicated in a woman losing feeling in her legs. But does this show that they’re harmful?

こちらもスキニージーンズが原因とは、考えにくいという内容です。
この記事では、因果関係を図る指標に当てはめています。

まず統計という点で、事例はたった1つです。
類似するケースもありません。

スキニージーンズと病気の事例について、因果関係は極めて低いと分かります。

結論

スキニーパンツ(ジーンズ)による危険性は、極めて低いと言えます。
ほとんどのスキニーパンツには、ストレッチ性があり、心配する必要はありません。
ただし常識の範囲内で、激しい締め付けがないものを選びましょう。

長時間、しゃがむような作業も避けるべきです。
そうでなくても、適度に休憩をとりましょう。

たったひとつの事例が、センセーショナルな扱いで、ネットによって拡散されます。

あまりにもスキニーパンツの危険を煽る記事が多かったので、あらためて精査してみました。
見つかった情報源は、信頼できるサイトでした。
きちんと医師にインタビューをしています。
逆に危険性を警告している海外のサイトは、どれも信頼のできるものではありませんでした。

スキニージーンズが原因と最初に報告したのは医師のキンバー氏です。
そもそもキンバー医師は、一般的には安全であると、インタビューで答えています。
そして長時間座ることの方が問題と言います。

さて、一部の国内サイトでは「毎日履かなければ大丈夫」とあります。
この情報源は見つかっていません。
そういった医師のコメントは、信頼できる科学メディアには掲載されていませんでした。
あまり気にする必要はないでしょう。

スキニーパンツが直接の要因で、病気を引き起こすとは考えられていません。
過度に不安を持たないようにしましょう。

(アパレル関係の方は、この記事を拡散いただけると幸いです)

よかったらこの記事をシェアください

(この記事を紹介してくださる方に感謝します)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
     
スポンサーリンク
レクタングル(大)