El Capitanを現在でもダウンロードする方法

El Capitanのインストール画面

2017年3月現在でもEl Capitan(エルキャピタン)をダウンロードしてインストールする方法を紹介します。
この記事は裏技的な方法です。

2018/04/03更新:OSX LionのMacでもEl Capitanをインストールできるようになりました。

私は2012年モデルの27インチiMacを自宅で使用しています。
MacのOSは新しくなるたびに、クリーンインストールをする必要があって、そうしないと不具合が多いのです。
それって結構面倒くさくて、新しいOSが出ても放置していました……。

そして気がつけば、大きく変更されたmacOS Sierraがリリースされてしまいまして。
その前のOSX El Capitanにしたかったんですが、新しいOSがリリースされると旧OSはダウンロードできないんです。

というわけで、Sierraリリース後でもEl Capitanをインストールする方法を紹介します。
El Capitanのインストーラーをダウンロードし忘れた人、会社のMacで手遅れになった人、中古のMacを買ってSierraを使いたくない人などご参考くださいませ。

Snow LeopardやOSX LionのMacがあればインストールまで可能

諦めかけていたところ、Appleの公式サポートページでその方法が記載されていました。

お使いの Mac が Sierra に対応していない場合や、Snow Leopard を使っていて Sierra にアップグレードしたい場合は、App Store から El Capitan を入手いただけます。
出典元:OS X El Capitan にアップグレードする

なんとSnow LeopardからSierraにアップグレードできない対策として、先にEl Capitanをインストールする方法があるではないですか。

追記:OSX LionからHigh Sierraにアップグレードするための対策も追加されました。

条件はSnow LeopardかLeopard、OSX LionのMacがあればOK!

El Capitanのインストール手順を紹介

まずはSnow LeopardもしくはOSX LionのMacを用意します。

白いMacBook

もう使ってない懐かしの白いMac Book。この機種は排熱が悪く、バッテリーもダメになりやすい。

以下Appleの公式サポートページ内の「El Capitan の入手方法」にある「App Store から El Capitan を入手」のリンクをクリックして、インストールプログラムを入手します。

以前のバージョンの macOS を入手する
お使いの Mac に最新の macOS との互換性がなくても、それより前の macOS (macOS Catalina、Mojave、High Sierra、Sierra、El Capitan など) にならアップグレードできる場合があります。

アプリケーション内にダウンロードされました。
El Capitanのインストーラー
このインストーラーをUSBメモリにコピーすることも可能です。
必要に応じて、インストールしたいMacの内蔵ハードディスクにコピーしましょう。

ダブルクリックして、インストール画面へ。
El Capitanのインストール画面 外付けSSDの場合
ここで私は外付けのSSD(ハードディスク)にクリーンインストールしました。

LeopardのMacがある方は、Snow LeopardのOSを購入することになります。

認定整備済製品
すべてのApple整備済製品はテスト後認定されています。1年間の特別保証が付いています。

まだSnow Leopardが購入できることに驚きます。(2017年2月時)

Macはクリーンインストールしましょう

App Storeのレビューを見ると、OSのアップグレードで致命的な不具合が起きたなどの報告がいっぱいあります。
新しいOSがリリースするたびに、この報告は相次いでいます。
MacのOSは必ずクリーンインストールするべきでしょう。

クリーンインストールの方法は、和洋風KAIさんの記事が参考になります。

【Mac】OS X El Capitan(エルキャピタン)をクリーンインストールする方法。
ついに、OS X El Capitanがリリースされましたね。 新しいOSXがでれば、まず兎にも角にもクリーンインストールするのが、私の流儀。 今回も例外なくOS X El Capitanをクリーンインストールします。 クリーンインストールの最大のメリットは、「過去の遺産...

外付けのSSDにした理由

私は外付けのSSDからMacを起動させています。
その理由は、旧環境を残せるからです。万が一動作しないアプリが見つかった場合に困るのです。
もう一つの理由は、2012年モデルだと内蔵のフュージョンドライブより外付けSSDの方がスピードは早いからです。
不思議なことに、SSDをUSB3.0に繋いだ方がスピードが速かったのです。

El Capitan(エルキャピタン)が必要な理由

Appleの公式サポートページでは、最新OSのSierraを使ってくださいとアナウンスされています。
それがベストなのですが、SierraからJava 6が使えないため、AdobeソフトのCS6が使用できなくなりました。
私はAdobe CCのユーザーで、CS6のIllustratorやInDesignが使えないのはちょっと不安です。

でもOSはやはり最新にしていた方が安全です。
外付けハードディスクにクリーンインストールして、困らないか試した方が良いですよ。
特に困らないなら、最新のOSにしましょう!

SierraでもCS6が使える方法があった

SierraでもCS6が使える方法が、TeX Alchemist Onlineさんの記事で紹介されています。

なんと空のディレクトリで偽装するという方法でCS6が使えるようになるそうです。

El Capitanのサポート期限が迫っている

2018年6月、アップルは新しいmacOS Mojaveを発表しました。
これにともない、近々El Capitanのサポートが切れるとのことです。

新macOS Mojaveのタイミングで、新しいMacを買い換えるのも手です。
サポートの切れたOSは、セキュリティの面から使うべきではありません。
ぜひ新しいOSへの移行準備を進めてくださいませ。

[PR]

新しいOSはダウンロードしましょう

Mac OSは新しくリリースされた時、App StoreアプリのOSアップデートからインストールができます。
App Storeからインストーラーのみダウンロードしていれば、アップグレードしなくてもインストーラーを残すことができるのです。
私はダウンロードしたらインストールされると勘違いしていました。
新しいOSがリリースされたら、とりあえずダウンロードしておくと良いですよ!

タイトルとURLをコピーしました