子供にスマホ(タブレット)を使わせる良い方法【本当に悪影響か?】

よかったらこの記事をシェアください

外国人の親子とiPad

子供にタブレットやスマートフォンを持たせるには注意が必要です。
いろんなリスクが潜んでいますので、それらを紹介していきます。

海外のサイトを調べていると、素晴らしい方法が見つかりました。
子どもにタブレットを持たせるのに最良の方法だと思います。

スマホやタブレットには、どのような悪影響があるでしょうか?
他にも依存や中毒を防ぐ方法や、使用時間なども信頼できる情報から説明していきます。

子供にタブレットを使わせる最良の方法

タブレットで勉強する子ども

子どもにタブレットを使わせるには、どうすれば一番良いでしょうか?
海外の科学メディア「ライブ・サイエンス」に、素晴らしい対策が掲載されていました。
おそらくこれが最良の方法になるでしょう。

親の所有物にさせる

依存を防ぐのに最も良いのは、子どもの所有物にさせないことです。
タブレットは親の所有物として、子どもに使わせることです。
こうすることで、子どもが遊ぶ時間をコントロールできます。

タブレットやPCは、リビングなどの管理できる場所に置きます。
持ち出せないように家族ルールを作るのです。

子供はタブレットのコンテンツを欲しがる

ほとんどの子どもは、自分のタブレットが欲しいわけではありません。
タブレットの中に入っているコンテンツを体験したいのです。
使わせるだけで十分なのです。

家族ルールは強く作用する

持ち運びが容易なタブレットは注意が必要です。
「リビングで使うルールだから」という言い方をすれば、抑制させるのに便利です。[1]

  1. この方法は心理的リアクタンスと言います。

「ルールを守れる子になって欲しい」という言い方も有効です。
下手に理由を言い聞かせるよりも、相手を主体にすると効果があります。

ただし何となくルールが守られている場合は、ルールのない方が円滑に過ごせます。

スマホやタブレットの時間を奪う

外出して遊ばせることは、最も優れた方法のひとつです。
スマホやタブレットよりも、夢中になれるものがあれば、そもそも心配はいりません。

スポーツをするための道具は、迷わずに買っても良いでしょう。
自転車や釣り道具もです。

体を動かす遊びで満たしてあげれば、脳の発達にも有利です。[1][2]

  1. カロリーを消費することで、脳を保護しようとする働きが起きます。
  2. その他にも諸説ありますが、統計的にも間違いありません。

他の遊びでスマホやタブレットの時間を奪ってあげるのです。

ロンドン大学の研究者らが、面白い研究結果を発表しています。
犬を飼っている家庭の子どもは、平均11分ほど多く運動をしていることが判明したのです。
考えてみれば、スマホやタブレットの時間を奪う方法はたくさんあるのかもしれません。

依存や中毒を防ぐ方法

ゲームをする父と子

スマホやタブレットで、依存や中毒はあるのでしょうか?

科学者らは「スマホ依存」「スマホ中毒」といったラベルを貼るのに慎重です。
そもそも研究データが不足しているので、断言するのが難しいという背景もあります。
しかし理論的にも実際の事例でも、依存や中毒は「ありえる」と言えます。

依存や中毒には快楽の回路が関わります。
そのため、ほとんどゲーム依存と同じです。
以下の記事に依存や中毒について、詳しく書いてあります。

これらの事例は、ゲームのように極端に熱中しなければ、中毒の心配はないとも言えます。
スマホやタブレットの便利な機能を使う分には心配ないでしょう。

しかし最近は、SNSで依存しやすい環境が増えています。
承認欲求は「いいね」されることで、やはり快楽の回路を刺激するからです。

子どもにスマホやタブレットを持たせる場合、依存や中毒を防ぐには、どうすれば良いでしょうか?
具体的な方法があります。

必ずパスワードをかける
パスワードは必ずかけましょう。
そして子どもに分からないように管理します。
親だけが解除できるようにすれば、リビングでの管理も容易になります。
親と一緒にゲームをする
なるべく一緒に遊んであげることが必要です。
将来のコミュニケーション能力に影響します。
そして何で遊んでいるか、年齢にふさわしいゲームかを把握しましょう。
親が悪い見本を見せない
子どもは親の真似をします。
スマホ漬けの親を見れば、子どもはスマホが気になってしまいます。
これは大人も一緒で、レストランで他人のメニューを欲しがるのと似ています。

日本やアメリカでも、子どもが知らないうちに課金したという事例があります。[※5]
パスワードは必須です。

子どもがタブレットでどんなことをしているか知る必要があります。
マインクラフト[1]で遊んでいるのか、Youtubeの大人を見ているかは、大きく違う影響があります。

  1. 知的な要素も含むオンラインゲーム。

子どものタブレット・スマホの使用時間は?

子どもがタブレットやスマホを使用する時間について説明します。
世界各国の調査では、2時間で悪影響が出ると報告されています。
コミュニケーション能力など、社会性に対して悪影響が出るという内容です。

医師が推奨する使用時間

アメリカの小児科学会は、子どもに2時間以上、テレビやタブレットを見せないよう推奨しています。[※1]
そして2歳未満の子どもには(可能な限り)見せないようにすることを勧めています。

日本小児科医会も同じです。
幼児期にスマホやタブレットを見せないよう推奨しています。

ただし誤解も発生しています。
スマホやタブレットが悪いのではなく、親とコミュニケーションをすることが本当の意味です。
結局は体(五感)を使った遊びが、子どもの成長には有意です。
運動は子どもの学力を向上させます。[※2][1]

  1. TIMSS(国際数学と科学研究の動向)やカリフォルニア州教育省の調査などによるもの

イギリスでの調査

厳しい研究結果があります。
2010年にイギリスのブリストル大学の研究者らが発表した内容です。[1]

  1. 10歳と11歳のイギリスの子どもたち1,013人を対象に調査。

サッカーの練習やハイキングをしても、テレビやゲームで消費した時間を消す(相殺する)ことができないと言います。
テレビやゲームで2時間以上過ごすと、社会性に悪い影響を与えるリスクが1.5倍に増えます。
例え運動を2時間足しても、テレビを見た2時間はリセットできないようです。

研究者らは子どもの運動を促進し、テレビやゲーム機をなるべく消すよう勧めています。
どちらにしてもテレビ、スマホやタブレットを長時間させないようにすることが必要です。

何歳から(いつから)持たせるべきか?

タブレットを子どもに使わせる外国人の父親

前項のようにアメリカ小児科学会や日本小児科医会では、2歳未満は禁止するべきと言います。
では何歳から持たせても良いのでしょうか?

この答えは環境や時代変化によって変わります。
結論が出ない問題です。

アメリカの子どもたちは、フェイスブックが必須になっています。
フェイスブックをLINEのように使っていて、連絡手段として必要なのです。
一切使わせないと、友人たちに連絡が取れなくなります。

子どもが欲しがっていないのであれば、与えなくて良いでしょう。
問題は欲しがっている場合です。

衝動性は別の問題を生む

子どもは大人よりも衝動的です。
困ったことに強い衝動を押さえつけると、他の衝動が抑えられなくなってしまいます。[1]

  1. 『なぜ「つい」やってしまうのか 衝動と自制の科学』より

大人であればアルコールに走ったり、甘い食べ物の誘惑が断れなくなります。
何かを押さえつけると、他の何かが抑えられなくなります。
これらは強い衝動を抑制したときに反動が起こります。

周りが騒ぐと衝動性が高くなります。
この時に親は決断を迫られます。

「みんな持っている」に注意

子どもは「みんな持っている」と言います。
みんなとは何人でしょうか?

実は3人以上で「みんな」と言ってしまうのです。
これは4つ以上の個数が、(大人でも)具体的にイメージできないからです。[1][2]

  1. 脳はなにげに不公平 パテカトルの万脳薬より

本当にみんな持っているかどうかは、調べてみないと分からないことです。

スマホやタブレットが子どもに与える悪影響

iPadのイメージ

スマホやタブレットが子どもに与える悪影響をまとめました。
信頼できる情報源に限り、取り出しています。

実際は悪影響がないのに、誤解されていることもあるので、それらも一緒に紹介します。

依存と中毒

前項の通り、依存と中毒はありえます。

海外でも問題になっていますが、研究者らは慎重な姿勢です。[1]

  1. 信頼性の低い情報源だと「ある」と断言しています

これらはスマホやタブレットが悪いのではなく、中身のコンテンツによって依存が起こります。

その他にも運動をしない遊びは、ジャンクフードに手を出しやすいという悪影響も報告されています。

ソーシャルメディアの悪影響

アメリカではフェイスブックによる悪影響が報告されています。
アメリカの小児科学会は、フェイスブックとうつ症状の関係性を報告しています。[※4]

メリーランド州の精神科医ブロディ博士は、フェイスブックが不要な嫉妬を生んでいると言います。
友人が自分よりも良い生活を送っているように見えるのです。
実際は違っていても、そのように見えてしまうのが人間の心理です。

フェイスブックとうつ症状に、直接の関係性があるかは不明です。
うつ症状の人がフェイスブックにハマりやすいという逆の考え方もあります。
それらを調査するのは困難です。

ネットいじめ

ネットいじめ(サイバーいじめ)の問題が海外でも発生しています。
これもスマホやタブレットが直接悪いのではありません。

ネットのありもしない中傷は、止める手段が見つからないのです。
そして昔のいじめと異なり、犯人すら分からず、数千の人に広まってしまいます。

アメリカ小児科学会のグエン氏は以下のように親ができる対策を述べています。

  • ネットでの行動もリアルの行動と同じように、親が考えてあげること
  • ネットでの生活についても会話すること
  • コンピューターを窓から投げ捨てる必要はない[1]

結局はネット環境をリビングに置くことで、これらの対策もしやすくなるでしょう。

  1. 余談ですが「窓から捨てる」という表現は、海外でよく使われているのを見ます。

視力は低下しない

タブレットやスマホによる視力の低下は考えられません。
ゲームと視力については、以下の記事に詳しく書いてあります。

視力低下は関係がないと判明していますが、いまだに多くネットで見かけます。[1]

  1. 視力低下の大きな要因は遺伝子です。

ブルーライトの問題

スマホやタブレットのブルーライトには、人体に悪い影響があります。
夜にブルーライトを見ると、体内時計が乱れます。
体内時計の乱れは、危険な健康リスクを含みます。
目に悪いという点については、網膜に悪い影響が考えられます。

ブルーライトが人体に与える影響と対策については、以下の記事で詳しく書いています。

スマホを使うと睡眠障害になるという主張は、このブルーライトが原因です。
ブルーライトが体内時計を狂わせることで、睡眠障害が起きやすくなります。

LEDやテレビにもブルーライトが含まれるので、スマホやタブレットが睡眠障害を直接引き起こすのではありません。

子どもには、多くの睡眠時間を必要とします。
就寝前にはブルーライトを見ないようにして、睡眠を助けてあげてください。

電磁波の影響に科学的根拠はない

スマートフォンやタブレットを使うことで、電磁波が体に悪いというネットの情報があります。
子どもは頭皮や頭蓋骨が薄いので心配な話です。
しかしこれらには科学的な根拠が全くありません。

確かに電磁波が健康に影響するという研究報告はあがっています。
いずれも信頼できるデータではないと判明しています。[※3]
これらの研究データを見ると、携帯電話よりも高い電磁波が実験用マウスに使用されています。
そのため熱による影響ではないかという仮説も出ています。
現実的にありえない量と時間を実験用マウスに浴びせて「悪影響がある」としています。

常にスマホを頭に付けていれば、悪影響が「あるかもしれない」というレベルです。

子どもにIT学習は必要か?

タブレットで学習する外国人の子ども

幼児期からITに触れさせて、将来の天才を育てたいと言うのは、上手くいかないかもしれません。
幼児期には体を使った遊びが頭脳をより育てます。
特に有酸素運動と学力は、有意な相関があります。
これを否定するのは難しい状況です。

さらにIQが高いだけでは、社会に出て困ることがあります。
親が積極的にコミュニケーションをとって、社会性を育てることが必要です。

早期学習は意味がない?

さらに早期学習の優位性を示す研究データはありません。
幼児期に無理矢理ITに触れさせても、意味があるとは思えません。

4歳から義務教育を受けられるイギリスよりも、7歳で義務教育を受けられるスウェーデンやフィンランドの学力は高いのです。[1]
さらに東大生は、4月生まれと3月生まれ(早生まれ)の割合に差がありません。[2]

  1. 科学者らはイギリスの教育制度を批判しています。
  2. プロスポーツの世界では、早生まれが少なくなります。

人間の暗記力は、小学校の高学年ぐらいでピークに達します。
この頃には、駅名や世界の都市名を全部覚えられる子どもが出現します。
これらのことから、早期教育が天才を育てると勘違いされやすいのかもしれません。[1]
興味がなくなれば、いずれすぐに忘れてしまいます。[2]

  1. 音楽の才能は、早期の訓練が有意です。
  2. およそ2歳で脳のニューロンやシナプスが最大となります。その後は減少していき、12歳の頃には成人と同じレベルにまで減少します。

まとめ

子どもとデジタルメディアの問題は、もはや避けることができません。
子どもが「何に興味を持っているか」を見つけることが大切です。

タブレットの中にあるゲームか、それとも創造力を発揮して何かを作りたいのか。
後者であれば良い影響も考えられます。

Youtubeはテレビと同じように、悪い影響が強いでしょう。

ソーシャルメディアやスマホ・タブレットのゲームは、中毒性が高く設計されています。
これは大人でも集中できない要因になります。
子どもにはSNSの承認欲求よりも、親が褒めてあげることが大切なのかもしれません。

なお、ADHD(発達障害)とタブレット(スマホ)に関連するトピックスは、海外の信頼できる情報源からは見つかりませんでした。
私が知る限りの情報でも、ADHDを解消したり、逆に発症するようなことはなさそうです。
ワーキングメモリを改善するようなアプリはあるかもしれませんが、それらのアプリに期待するよりも、医師への相談が最優先です。

参考文献

この記事は以下の文献を参考に独自の解釈でまとめています。

  1. Kids’ Electronic Media Use Linked with Poorer Well-Being
  2. Exercise Improves Kids’ Academics
  3. New Report Doesn’t Prove Cellphones Cause Cancer
  4. ‘Facebook Depression’: Rare but Serious Side Effect of Social Networking
  5. Mobile Gaming: How Much Is Too Much for Kids?

よかったらこの記事をシェアください

(この記事を紹介してくださる方に感謝します)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
     
スポンサーリンク
レクタングル(大)