アメブロの検索方法【完全ガイド】

アメブロの検索方法 完全ガイド

「アメブロを検索する方法」の完全ガイドを作成しました。

今回は「アメブロの検索を使いこなす方法」を紹介します。

アメブロ内で、芸能人・有名人を除外して、一般人のみを検索する方法があります。
この方法を使えば、同じ趣味を持つ「一般ブロガー」を探すのに便利です。

また「プロフィール検索」や「絞り込み機能」なども説明します。

通常の検索方法

まずは「Ameba検索」を使った「通常の検索方法」を紹介します。
以下のページに、アクセスして検索します。

Ameba検索

基本的な機能は、モバイル版でも同じです。

Ameba検索画面

プロフィールから探すタブを選ぶと、プロフィール内(自己紹介やマイプロフィール)で使われているワードを検索できます。

条件を指定して検索を選ぶと、下図のように条件指定ができます。

Ameba検索画面の詳細項目

ブログ記事にチェックを入れると、ブログ記事内のワードを検索できます。
タイトルやメニューで使われているワードは、無視されます。
(検索ワードがタイトルにも、記事にも使われている場合は、検索対象になります)

ブログタイトルにチェックを入れると、タイトル内のワードを検索できます。

AmebaIDを指定にチェックを入ると、特定のブログを指定できます。

AmebaIDは、URLの「https://ameblo.jp/○○○/」の部分にあたります。
例えば公式スタッフブログから検索したい場合、URLは「https://ameblo.jp/staff/」になっているのでstaffがAmebaIDになります。

特定のブログ内を検索したい場合は、そのブログにアクセスして、検索をした方が早いです。

アメブロのスタッフ公式ブログ画面

上図のようにこのブログを検索するから、ブログ内検索ができます。
上記の例で検索すると、アメーバ・スタッフブログ内の記事のみを検索できます。

絞り込み機能

絞り込み機能は、アメブロ公式の「有名人のみ」を検索する機能です。

芸能人・有名人のみ表示にチェックを入れると、検索結果が「芸能人・有名人(タレント)」のみになります。

芸能人・有名人(タレント)を除外する方法は、後述します。

表示件数

表示件数のメニューから、検索結果数を「10件」「25件」「50件」に変えることができます。
裏技的な方法ですが、URLを変えることで「100件」まで表示できます。

アメブロ検索の裏技

※公式の方法ではないので、いずれ対策されるかもしれません。

プロフィールから探す

プロフィール内(自己紹介やマイプロフィール)で使われているワードを検索できます。
条件を指定して検索を選ぶと、プロフィール専用の条件指定ができます。

Ameba検索画面の詳細項目(プロフィール)

出身地や職業など、自分に近いブロガーさんを探すのに便利です。

アメブロでは、同じ職業・出身地のブロガーさんを読者登録したり、「いいね」すると、交流がしやすくなります。

職種で探す

さらに詳しい職業を見つけたい方は、検索欄に職種を入れてみてください。
例えば「WEBデザイナー」でプロフィール検索をすると、「WEBクリエイター」と書いてある人も、検索にヒットします。
(ある程度は)類語で検索されるようです。

芸能人・有名人(タレント)を除外する方法

アメーバブログは、芸能人を誘致して規模を大きくしていきました。
そのためか、芸能人・有名人の方は、優遇されています。

検索機能においても、通常のアメブロ検索では、「芸能人・有名人」を除外して検索することはできません。
しかし、検索する際には、「一般ブロガーのみ」に絞りたい場合があります。

そこでGoogle検索を利用します。

Google検索でアメブロ内を検索する

まずは、Googleにアクセスします。

Google
世界中のあらゆる情報を検索するためのツールを提供しています。さまざまな検索機能を活用して、お探しの情報を見つけてください。

それでは以下の条件で、検索してみます。

  • アメブロ内を検索
  • 「市川海老蔵」で検索
  • 芸能人・有名人を除外

Googleの検索欄に入れる文字は、以下となります。

市川海老蔵 -オフィシャル site:https://ameblo.jp

検索結果を表示する

Googleでは、以下のように入力することで、細かい検索設定ができます。

アメブロ検索で芸能人を除外する方法

「site:URL」は、対象のURLに絞る検索機能です。
「site:https://ameblo.jp」とすることで、アメブロ内を検索できます。

入力順は、以下のようになります。
「検索ワード(市川海老蔵)」「スペース」「マイナス符号(-)」「除外キーワード(オフィシャル)」「スペース」「site:」「対象のURL(ドメイン)」の順です。
(スペースは、半角でも全角でも構いません)

「-」(マイナス符号)を付けると、そのキーワードが除外されます。

アメブロでは、芸能人・有名人に「オフィシャル」という文字が入っています。
この「オフィシャル」を除外することで、一般ブログのみに絞ることができます。

アメブロでタレントを除外した検索結果

この検索方法を使うことで、「市川海老蔵」さんに関する記事を書いた「一般ブログ」のみ、見つけることができます。

プロフィール検索でタレントを除外する

前項の検索方法は、プロフィール検索でも使えます。

お笑い -オフィシャル site:http://profile.ameba.jp

検索結果を表示する

「site:http://profile.ameba.jp」にすると、アメブロのプロフィール画面のみを検索できます。

「お笑い -オフィシャル」にすることで、アメブロから公式認定されていない「お笑い芸人」の方も出てきます。

アメブロからオフィシャル認定されると、コメント欄などを運営に管理してもらえます。
また、SEO対策をしてもらえるのので、タレント名で検索上位になります。

「検索ワード」「除外ワード」は、増やすことができます。

お笑い 好き -オフィシャル -芸人 site:http://profile.ameba.jp

上記にすると、「お笑いが好きな一般ブロガー」に、対象を絞ることができます。

期間を設定する

Google検索では、更新された期間を設定できます。

Googleの期間指定画面

ツール期間指定なしを選ぶと、更新された期間を絞り込むことができます。

例えば、24時間以内を選ぶと、「24時間以内に更新されたブログ記事」のみが出てきます。

公式ブロガーを対象・除外する

Ameba公式のブロガーさんを対象、もしくは除外するにも、Googleの検索機能を使います。
前項と同じ手法です。

アメブロ公式ブロガーから「ファッション」のキーワードで検索する場合は、以下のようになります。

ファッション Ameba公式トップブロガー site:https://ameblo.jp

ただし、アメブロの公式ブロガーは、専用のキーワードが割り当てられていません。
そのため、検索精度が落ちてしまいます。

「公式」「オフィシャル」「ブロガー」などの文字を使って、工夫してみてください。

公式ブロガーを除外する

公式ブロガーさんの除外は、以下のようになります。

ファッション -公式 site:https://ameblo.jp

ほとんどの場合、「公式」という文字を除外することで、公式ブロガーさんを除外できます。
こちらも「芸能人・有名人」の除外と比べると、検索精度が落ちてしまいます。

最後に

アメーバブログは、巨大なサイトに成長したため、検索結果が多くなります。
そこで、公式のアメブロ検索ではなく、Google検索を使うことで、効率の良い検索が可能になります。

今回紹介したGoogleの検索方法は、アメブロ以外でも使えます。

自分と似た趣味を持つ人や、同じ職業、ブロガー同士の交流にもお役立てください。